読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OBDSTAR F100で2016 Mazda 6の新しいキー(キー全紛失)をプログラム

OBDSTAR F100 Ford / Mazdaキープログラマを使用して、2016年のマツダ6アテンザの新しいリモートキー(キー全紛失)をプログラムすることができます。このブログでは、ステップバイステップを紹介します。

obdstar-f-100-for-mazda-and-ford-auto-key-programmer-1

ステップ1OBDSTAR F100を起動し、 「Immobilizer」→「Mazda V30.15」→「Atenza」→「With Smart」を選択します。

OBDSTAR-F100-make-Mazda-6-2016-remote-key-2 OBDSTAR-F100-make-Mazda-6-2016-remote-key-3

「Switch ignition on」を選択し、すべてのリモートキーを車から少なくとも1メートル離してください。 続行するにはEnterボタンを押します。

OBDSTAR-F100-make-Mazda-6-2016-remote-key-4

ステップ2スタートボタンのインジケータが緑色から赤色に変わるまで、車のスタートボタンを10秒間押し続けます。 そして、コンソールがオンになります。 Enterボタンを押します。

OBDSTAR-F100-make-Mazda-6-2016-remote-key-5 OBDSTAR-F100-make-Mazda-6-2016-remote-key-6

ステップ3「All smart keys lost」を選択します。

OBDSTAR-F100-make-Mazda-6-2016-remote-key-7

OBDSTAR F100はすべてのスマートキーが消去され、最小のキー番号が2であることを表示させます。続行するには、Enterボタンを押します。

イグニッションをオンにすると、現在のキー番号が2であることが示されます。Enterボタンを押すと、車両情報が読み込まれます。

OBDSTAR-F100-make-Mazda-6-2016-remote-key-8

ステップ4「点火スイッチの状態が開いていますか?」と表示され、No、ENTボタンを押してください。

車のスタートボタンを10秒間押し続けると、インジケーターが緑色に変わります。 次に、車の「スタート」ボタンをもう一度押すと、コンソールがオンになります。

Enterボタンを押してシステムを設定しています。 その後、現在のキー番号は0に変わります。すべてのリモートキーを消去してください! イグニッションをオフに切り替えます。

OBDSTAR-F100-make-Mazda-6-2016-remote-key-9

ステップ5イグニッションをオンに切り替えます。 新しいリモートキーを使用して車のスタートボタンに触れてから、インジケーターが赤いになります。 Enterボタンを押して待ちます。

OBDSTAR-F100-make-Mazda-6-2016-remote-key-10

今OBDSTAR F-100は最初のMazda 6 Atenzaの新しいリモートキーを正常にプログラムします。 現在のキー番号は1です。

OBDSTAR-F100-make-Mazda-6-2016-remote-key-11

Enterボタンを押して、2番目の新しいキー(最初のキーで同じ手順)をプログラムします。その後、現在のキー番号は2に変わります。

OBDSTAR-F100-make-Mazda-6-2016-remote-key-12

ステップ6プロセス全体を完了するには、2つのことを行う必要があります。1.イグニッションをオフにします。 2.ブレーキをかけ、最初のキーと2番目のキーを別々に使用して、車のスタートボタンを3秒間押します。イグニッションをオフにします。

OBDSTAR F-100 Ford / Mazda オートキープログラマは、Mazda 6 2016用の2つの新しいリモートキーを正常に作成します。5分しかかかりません!

OBDSTAR-F100-make-Mazda-6-2016-remote-key-13