読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Autel DS708診断スキャナーで日産Xterraアクティブテストを行う方法

オリジナルAutel MaxiDAS DS708診断スキャナーは一つの「Active Test」機能メニューがあって、そこでたくさん機能を計画され、例えば、ソレノイドとインジェクターを付いたりきえたり、燃料ポンプを閉めるなど。ここではAutel DS708診断スキャナーで日産Xterrsアクティブテストを説明させていただきます。

車両モデル:日産Xterrs 2001

Autel DS708診断ソフトウェアをちゃんとインスタンドしました。またOBDソケットで車両とAutel DS708本体を接続しました。DS708は「Auto Scan」をするのが、全てのエンジンコントロールモジュールを自動的に検察し、車両に診断コードをやります。

autel-dS708-1

車両コンピュータに故障コードがないことを先に確認してくだい。

Autel MaxiDAS DS708診断スキャナー

それから、「Active Test」を選んで、車両通信を成り立つために「OK」をクリックしてください。機能メニューに「Active Test」を選んでください。

autel-ds708-2

たくさんのセッティングはActive Testメニューにあり、燃料噴射、ぱわーバランス、燃料ポンプ・リレーなどがリストされます。そして、テストを選択して、アクティブテストを行うために、システム通知を受け入れてください。対応するテスト値をONまたはOFFに設置してください。プログラムを出るために、トップトップメインファンクションメニュー、或はEscをクリックしてください。

autel-ds708-3

Autel MaxiDAS DS708診断スキャナーリンクはこちらで:http://www.jobdii.jp/wholesale/autel-maxidas-ds708.html